採用代行サービスの需要の高まり

近年、企業の採用熱が徐々に高まりつつあります。しかし、採用業務経験者が減少しているため、採用代行サービスを利用する企業が増えてきています。特に新卒採用に関しては企業側が大量の学生を先行していくという多大な業務工数の軽減を求めるようになり、媒体販売会社と採用代行業者が共同でそういったニーズを満たすような提案をする機会が急激に増していきました。さらにインターネットが採用業務に浸透したことで企業への応募者数が飛躍的に増えたことも企業側の事務負担が増える原因になっています。最近では新卒採用のみ限らず、中途採用や契約社員、パートやアルバイトの採用業務までを取り組むようになってきましたが、そのように多様な働き方によって企業と労働者との間にギャップが生じてトラブルになってしまう場合も多くありました。そのようなことを改善するためにこうした業者を利用してズレを解消する企業が増えています。

採用代行サービスを利用するメリットデメリット

採用代行業者は調査や分析の困難な市場動向や競合他社の動きなどの情報を持っていて、優秀な人材を見極めるノウハウがしっかりとあるので利用する企業が年々増えてきていますが、メリット以外にもデメリットがあることを理解しておく必要があります。もっともわかりやすいのはコスト面ですが、採用業務というのは特定の時期に業務量が増えたり、採用方針や景気動向によっても採用人数が変動したりします。自社の人材だけで業務をまかなおうとした場合は非常に社員の負担が増えてしまいます。そのような時にこうした採用代行業者を利用することによって業務負担を減らし、自社の人材を選任で配置するよりもコストはおさえられます。繁忙期だけ利用するという活用方法でもかなり違いますが、逆に採用人数自体が少ない場合はこのような業者を利用することは割高になってしまうのでどれだけ自社にとって負担をかけるような業務量かということで見極める必要があります。

採用活動のサポートを依頼できる採用代行

希望する人材の採用は慎重に行う必要があります。人材が不足しており、業務に支障を来している状況の場合は、人材の採用に掛けられる時間は少なくなります。しかし、検討が不十分な状態で採用してしまうと、満足できない状態になる可能性があります。そんな時は、採用代行を利用することで、採用活動をサポートしていただくことができます。たとえば、書類選考や一次面接は採用代行に依頼し、二次面接や最終面接は自社で担当するようにすれば、採用活動を効率化できます。書類選考から面接までの全てを自社で担当することになってしまうと、それだけ負担は大きくなります。採用活動にそこまで時間を割けないのであれば、選考をサポートしてもらえるサービスは魅力があります。採用代行は、選考の代行だけではなく、求人を出す段階から頼りにできるメリットがあります。